デザインあ展

Category: Client Work,Exhibition — Posted by nishimura at February 18, 2013

2013年2月より、21_21 DESIGN SIGHTにて開催中の「デザインあ展」のディレクションおよび制作を行いました。この企画はNHK Eテレで放送中の教育番組「デザインあ」を展覧会というかたちに発展させた企画です。
弊社では展示作品のうち『動く「あ」』、『モノ・オトと映像の部屋』、『デッサンあ』を制作しました。

Beginning on February 2013, “Design Ah! Exhibition” has been showing at the 21_21 DESIGN SIGHT. Our team was involved in the direction and development of this exhibition, which is an extension of the educational television program called “Design Ah!” that has been airing on NHK. We took part in making “Ah! in motion”, “Room of objects, sounds and movies,” and “Dessin Ah!” come to life.

動く「あ」
“Ah!” in motion

人が近づくと、その動きや形が「あ」の文字に変換され、壁面に投影されます。また、10カウント後にその様子が撮影され、展覧会ロゴの「あ」の形に近いポーズをしていた人は高得点がもらえます。

A person standing in front of the camera can see themselves and their gestures being converted into the shape of the Japanese character “Ah” (あ) which is projected onto the gallery wall. There is a fun 10-count competition, where a person who is able to mimic the “Ah” character being used in the exhibition’s logo receives the highest score.

クレジット:
アートディレクション: 中村勇吾 (tha ltd.)
デザイン / プログラミング: 山健太郎 (tha ltd.)
音楽: 小山田圭吾 (コーネリアス)
プロジェクター協力: キヤノン株式会社キヤノンマーケティングジャパン株式会社

モノ・オトと映像の部屋
Room of objects, sounds and movies

番組のうたのコーナーから選ばれた「デザインあのテーマ」、「まるとしかく」、「デザインかぞえうた」、「カラーマジック」の映像が、部屋の4面の壁に展開されます。
中央に設置されたテーブルでは流れている音楽の歌詞に呼応したモノにスポットライトがあたります。

The 4 walls of this gallery space features different movies used in the sound/song section of the television program. These are the “Design Ah no Theme” (Theme of Design Ah), “maru to shikaku” (circles and squares), “Design kazoe uta” (Design counting song), and “Color Magic.”
There is a sing-along lighting feature staged in the center of the room that sheds spotlight onto the various objects being sung in the lyrics.

クレジット:
アートディレクション / プログラミング: 中村勇吾 (tha ltd.)
編集 / プログラミング: 西村斉輝 (tha ltd.)、高橋昂司 (tha ltd.)
音楽: 小山田圭吾 (コーネリアス)
サウンドプログラミング: 美島豊明
テクニカルディレクション: 遠藤豊(有限会社ルフトツーク)、筒井真佐人(有限会社ルフトツーク)
プロジェクター協力: キヤノン株式会社キヤノンマーケティングジャパン株式会社
音響協力: ヤマハ株式会社
ストックフォトイメージ協力: 株式会社アマナ株式会社アマナイメージズ
撮影: 川上祐樹 (株式会社アキューブ)
機材協力: ジャパンマテリアル株式会社

デッサンあ
Dessin Ah!

番組のデッサンのコーナーが体験できる展示です。設置されたモチーフをデッサンして投稿すると、アーカイブされ会場の壁面に大きく投影されます。アーカイブされた8方向からのデッサンは回転のアニメーションとして再構築され、会場内のモニタで上映されます。
これまでに投稿されたデッサンはこちらですべて見ることができます。

また、特設サイトでは展示会場と同じモチーフをデッサンをすることができます。
Ustreamでは会場の様子を24時間ライブ中継し、展示風景と人の賑わいを臨場感を持って伝えられるようにしています。

This is the real-life exhibit of the TV program’s dessin (sketching) section. Visitors can sketch, or dessin, the assigned motif in the gallery. These sketches are then archived and projected onto the large projection screen. The sketching booth consists of one center motif being drawn by 8 people at different angles. The finished sketches are then converted into one rotating movie, which is also projected onto the exhibition monitors. All sketches posted at the exhibition can see here.

Also, the special site also features a booth where visitors can also sketch the same motifs. These sites are monitored 24-hours on Ustream to capture the event’s vibe and spirit.

クレジット:
アートディレクション: 阿部洋介 (tha ltd.)
デザイン / プログラミング: 奥田章智 (tha ltd.)
エンジニアリング: 外村慶二 (tha ltd.)
iPadアプリ開発: 深津貴之 (Art & Mobile)
プロジェクター協力: キヤノン株式会社キヤノンマーケティングジャパン株式会社
ディスプレイ協力: ベンキュージャパン株式会社

展覧会クレジット:
主催: 21_21 DESIGN SIGHT公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団NHKエデュケーショナル
後援: 文化庁、経済産業省
特別協賛: 三井不動産株式会社
協賛: 佐藤卓デザイン事務所
協力: 株式会社アマナ株式会社アマナイメージズキヤノン株式会社キヤノンマーケティングジャパン株式会社ジャパンマテリアル株式会社ベンキュージャパン株式会社マックスレイ株式会社ヤマハ株式会社
展覧会ディレクター: 佐藤 卓、中村勇吾、小山田圭吾
参加作家: 阿部洋介 (tha ltd.)、岡崎智弘、緒方壽人 (takram design engineering)、折形デザイン研究所studio notePerfektron、plaplax、山田悦子 (むす美) 他
展覧会グラフィック: 林 里佳子(佐藤卓デザイン事務所
会場構成協力: 五十嵐瑠衣
21_21 DESIGN SIGHTディレクター: 三宅一生、佐藤 卓、深澤直人
アソシエイトディレクター: 川上典李子
(c) 2017 tha ltd. | powered by WordPress with Barecity